感謝

色々な経緯はあるが

ベルトを巻く事が出来ました。

ベルトを巻くのに

努力もしてきましたが

自分自身の力だけでは

ここまで来れなかった事は言うまでも

ありません。

本当に色々な方に支えて頂いて、

応援して頂いて、

今回の結果があると思っています。

そんな中で、

特に感謝を伝えたい人が3人います。

まず1人目は

『師匠』

師匠とはまだ前社で営業をやっていた

20代後半から教えて貰うようになりました。

当時は普通の会社員をしていたので

朝は7時に出社して

夜の20時過ぎまで働いていました。

そうなると練習に行けるのは

22時を過ぎた時間になります。

ほとんど1人で練習していましたが、

ある日から師匠達が同じ時間に練習を

するようになりました。

初めは自分の練習に集中していましたが、

師匠の動きを見ていると、、、、。

あきらかにサンドバッグを打っている姿が

経験者でした。

(しかも一目見てレベルも高いとわかるレベル。)

当時、肘とローしか打てなかった今野は

そのパンチを打っている姿を見て

詳しく話を聞きたくなり、

思い切って話しかけてみました!

すると、

やはり、昔プロボクサーだった事が発覚。

パンチを覚えたかった今野は

すぐに『教えてもらっても良いですか?』

と、お願いして、

師匠から返ってきた返答は

『全然良いけど、パンチの打ち方だけではなくそれ以外にも必要な事をやるけどそれで良ければ教えるよ!』

と言ってくれました。

そこから一緒に練習させて頂くようになり

更には色々なメニューや作戦、

プライベートな相談までさせて頂く関係にまでなる事が出来ました。笑

当時は3年でチャンピオンになろう!

と、練習して来ましたが、

今野がタイトルマッチに3度負けてしまい、

約束を果たす事が出来ていませんでした。

しかし!!!!!

ここからが自分と師匠の物語だと思っています。

スポーツをしている人ならわかると思いますが、

良い時には人が集まってきます。

しかし、悪い時には人は去っていきます。

これは悲しい事ですが、

現実ですし、

それについては悪いとは全く思いません。

ですが、

こちらも人間なので

信じていた人が去っていくと悲しいですし、

『チャンピオンにする!』

『俺がいれば絶対成功する!』

的なトレーナーやコーチ、等の

技術を持った人は沢山合ったし

関わってきました。

そして、悲しいかな、

そういった方の多くは

『言っている事とやっている事』が

違う人が多く。

まさに良い時は寄ってきて、

悪くなると去っていく人がほとんどでした。

そんな中で師匠は

良い時も悪い時も自分と一緒に

考えてくれて

いつも同じスタンスでいてくれました。

そして、気がつくと師匠との関係も

7年〜8年になりました。

今回は色々な経緯があり

巻かせて貰ったようなベルトなので

まだまだ本当に感謝を伝えるには

防衛したり、

他団体のベルトを巻いてからですが。

今回このベルトを巻く事が出来た事は

師匠がいた事が本当に大きな事です。

本当に感謝しています。

ありがとうございます。

1人目でとても長くなってしまったので、

2人目はまた書きたいと思います笑

キックボクシングを身近に感じませんか?
公式LINE@配信中!

毎日のトレーニングや試合情報について配信しています。今なら直接指導が受けられる「竹橋朝キックネス」の半額クーポンをプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です