選手として思う事

昔の話を出して月1回は試合をした方が良いと言うのは違うと思う。

キャリアやその選手の環境を考えて

それを言うならば違うとは思うが、

多くの選手は試合をする事で

生活は成り立っていない。

仕事やプライベート、

それを含めた上での選手活動である。

経済的な事や生活など全てを含めて、

絶妙なバランスを取って活動をしている。

試合前の準備を含めて

そこに向かう為に色々な想いや現実を

込めて1試合を闘う。

もちろん選手本人は好きでやっている。

という部分は大きいが、

ある程度やっていくと

ジムやプロモートする人の

意思も強く出てくる。

その時に

上記のような事を

少しでも考えている事を

感じさせて貰える会話ができると

選手は大分気持ちの持ち方が

違うと思う。

「試合は気持ち、勝ちたいと思う方が勝つ。」

こんな精神論はある程度のレベルに

ある人間は誰でもわかっている。

格闘技は極限のスポーツ。

ならば、

周りの人もその選手の力を

100パーセントを出し切れる

環境や関わり方が作る事が出来たら

良いな。

そう思った。

勿論選手にそれだけの想いと行動が

ある場合に限るけど。

キックボクシングを身近に感じませんか?
公式LINE@配信中!

毎日のトレーニングや試合情報について配信しています。今なら直接指導が受けられる「竹橋朝キックネス」の半額クーポンをプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です