知覧

【鹿児島〜知覧〜】

DFBC知覧研修に参加させて頂いた。

九州自体も初上陸でしたし、

恥ずかしながら「知覧」という場所に

来させて頂くまで

この場所がどういった所か?

もわかっていなかった。

この場所は第二次世界大戦末期の沖縄戦での

陸軍特別特攻隊の出撃基地があった場所で、

特攻戦死された方の遺品や写真、記録などが

展示してある、知覧特攻平和会館に行かせて

頂いた。

今回参加させて頂いた感想は、

今の自分に必要な場所だった。

ということだ。

平和会館に展示してあった、

戦死された方の手紙や記録を読ませて頂いた。

そこに書かれていたのは

母親、父親、自分の子供、兄弟への

言葉だった。

明日死ぬとわかっている人達が書いた言葉は

自分が大切にしている人達への気遣い。

そして、これからどう生きていって欲しいか?

などでした。

その手紙と一緒に映っている写真は

笑顔の物も多くあったが、

文章からも写真からも伝わってきたのは

「覚悟」だった。

怖さや寂しさ、

色々な気持ちがあったと思う。

はっきりいってこの方々の

当時の心境は自分には想像も出来ない、

しかし、今年自分のテーマにしている事を

あの場所に行って雰囲気を感じれた事、

特攻隊の方々の残した手紙や資料をみる事で

再認識出来た。

今年テーマにしている事、

それが

「覚悟」だからだ!!

今年は必ずベルトを巻く。

しかし、その想いがどれだけ強いか?

どれだけの覚悟か?

が、実現出来るか?出来ないか?

の違いになると思う。

今回の知覧研修で感じさせて貰った。

この「覚悟」の重さを

常に持って今、挑戦出来ていることに

感謝しながら

目標を勝ち取りたいと思います。

押忍。

キックボクシングを身近に感じませんか?
公式LINE@配信中!

毎日のトレーニングや試合情報について配信しています。今なら直接指導が受けられる「竹橋朝キックネス」の半額クーポンをプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です