瞑想 の話。

実は自分は瞑想家であり、

瞑想のインストラクターでもあります。

(最近は人に教えていませんが。)

今日は瞑想の話を少ししたいと思います。

最近でこそ「瞑想」と聞いても

違和感を感じなくなって来ていると

思いますが、

少し前までは

「怪しい」とか

「修行っぽい」とか、

ネガティブなイメージがありました。

しかし、メディアなどで

マインドフルネスなどが取り上げられたり

大企業が生産性の向上の為に

取り入れたりした事で

大分印象は変わって来ていると思います。

このように流行った事で認知されたと

同時に瞑想に近い方法なども多く出てきて

「一体なんなの??」

と思ってる方も多いと思います。

瞑想、マインドフルネス、禅、

源流を辿れば同じものに行き着くでしょうが

やり方や効果、説明の仕方などは

少しずつ違っています!!

じゃあ何が本物なのか?

とい事ですよね。

自分は思います。

全部「本物」です。

何が言いたいかと言うと

どの瞑想をするか?ではなく、

大切な事は何の為にするか?

だと思っています。

私自身もインストラクターになる時に

習った概念では、

瞑想とは人間本来のエネルギー源のような

所にアプローチして、

人間の持ってる力を200%使いましょう!!

みたいな事を習った。

この概念は何千年も前から伝わった

瞑想の概念で時を超えて残っているという事はまさに本物なのだと思う。

しかし、昔と今では環境が違う。

今の社会で

五感を断って、

自分のエネルギーの本来の場所と向き合う。

という事は非常に難しいと

思うし、

現実的では無いと思う。

(否定している訳ではなくて、

あくまで自分がやっている上での感想です)

よく瞑想などをしていて聞く事が

「(自分の中に)入れた!」

「深かった。」的な事を言う人がいるが

自分はその言葉を聞く度に

「本当かよ?」

と、思ってしまう。

だってそんな人が

本当にその状態に行きつけているなら、

こんな普通な環境にいるのかな?

とか、ちょっとした愚痴、悩み、

そんな事は言わないと思ってしまいます。

こういう事は言っている人を見ると

・瞑想をしている自分に酔ってるなー。

・瞑想をしているから、してるっぽい事を言いたい。

そんな風に思ってしまう。

舞台を観に行った時の最期のスタンディングオベーションと同じような物だと思う。

見たからにはスタンディングオベーションしなければいけない。

的なノリだと思う。

ここまで言うと

瞑想って必要ないの?

と、思うかもしれません。

しかし、自分は瞑想はやった方が良い!!

と、思っている派です。

何の為に?

一つは

・気持ちを切り替える為!

もう一つは

・自分自身を取り戻す為です。

(常に自分らしくいる為)

二つ目はちょっとスピリチャルっぽい

言い方になってしまいましたが、

まずは一つ目の切り替える為、は。

現代はとてつもなく多くの情報が

飛び交っています。

視覚からも、

聴覚からも、

嗅覚からも、

言ってみれば五感全てで

情報を受けてしまいます。

そんな中に晒され続けていると

人はどうなってしまうでしょう??

当たり前のように情報を処理しきれなくなってしまって精神的にパンクしてしまいますよね??

現代人にうつ病や精神病の人が増えて来たのにはこういった理由もあるんです。

なので、

自らそういった情報から離れる時間を作る。

という状況を作る事は気持ちを切り替える面でも、

精神を保つ面でも

非常に重要な事なんです。

それは自分の中に

入ったとかそういう表現ではなく、

物理的にでも、

静かな場所で自分だけの時間を作る事は

自分にとってどれだけ有意義な時間に

なるかは想像つきますよね??

そして、二つ目の自分自身を取り戻す為

は、

上記のような状態にずっと晒されていると

いつのまにか心も疲弊して

正常な判断も出来なくなっていきます。

そうなると

瞑想の時間を取る事で、

自分をリセットする。

つまり、自分自身を取り戻すきっかけに

なります。

なんとなく、

重要性は伝わるでしょうか??

思わず長くなってしまったので、

瞑想についての1回目はこれで終わらせて貰いたいと思いますが、

次回は自分がやっていて、

よく聞く、

「自分に入る」とかの

表現ではなく、

自分自身で良い状態にあると、

思った事を書かせて貰います。

キックボクシングを身近に感じませんか?
公式LINE@配信中!

毎日のトレーニングや試合情報について配信しています。今なら直接指導が受けられる「竹橋朝キックネス」の半額クーポンをプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です