努力は必ずしも実らない、しかし目標を達成した人は必ず努力をしている。

先日、キッズ達にキックボクシングの

指導をした。

自分の指導スタイルは

内面重視だ。

技術よりも

自分で考える事、

そしてそれを言葉で伝える事や

(自分の考え、思いをどう伝えるか?表現するか?)

どう行動するか?

を重視している。

自分は彼らに後押しとヒントは与えるが

やるのは彼らだ。

ここのところ

子供達の練習の時の集中力、

そして発言の内容が変わってきた、

練習中の目が変わってきたし、

自分が決めて話した内容を

しっかりと覚えているようになった。

これがとても重要で

人は本当に意識している事や

考えている事でないと忘れてしまう。

意識が高くなってきた事に比例して

動きもとても良くなっている。

「努力」とは言う事はとても簡単だが

努力し続ける事はとても大変で、

ハードルも高い、

私もやらなくて良いのであれば

いつ、結果が出るか?

のわからない努力はしたくない。

しかし、以前も書いたが

何かを始めれば出来るようになる事は

分かっているし、

出来るようになった時の

喜びをしっているので、

その感覚を楽しみに待つ事が出来る。

個人の努力に関しては

遅かれ早かれ間違いなく努力は必ず実る。

しかし

勝負事になると話は別だ。

良くも悪くも結果は出てしまう。

そこで想いが届かない事は

往々にして出てくる。

結果には色々な要因が

絡んでくる。

相手も同じように努力もしているので

「努力をしても結局目標に届かないじゃないか。」

と。投げ出したくなる気持ちも

とてもよくわかる。

しかし、そこまでのプロセスや

得た経験はその人にしか語れない

特別な経験だ。

世の中には

努力をしている人はたくさんいる。

むしろみんな頑張っていると思う。

しかし、夢や目標が叶う事は

決して多くはない。

努力が必ず叶うとは言えない。

しかしら夢や目標を叶えた人は

必ず努力している。

それも現実だ。

【千里の道も一歩から】

歩き続ければ必ず前に進む、

歩いていれば道を間違える事もあるだろう、

しかし、

道を間違えたからといって目的地に

行く事を止める事があるだろうか?

歩き続ければ必ずゴールには向かっていく。

間違えても辞めなければ良い。

ゆっくりと一歩一歩進む事が大切だ。

子供達の変化からそんな事を感じた。

キックボクシングを身近に感じませんか?
公式LINE@配信中!

毎日のトレーニングや試合情報について配信しています。今なら直接指導が受けられる「竹橋朝キックネス」の半額クーポンをプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です