人材育成家

今週は遠征続きです。

釜山から帰って来て

翌日は朝から栃木県の那須塩原に向かい

人材育成の研修に参加

先週も行った

チームビルディングとリーダーシップに

特化した施設である

那須マーヴェラスアドベンチャー

自分は今ここでリーダーの育成や

勝てる組織を作る為の勉強をしている。

個人スポーツなのに

「リーダー育成や組織で勝つ為の研修?」

と思う人も多いと思うが、

人は2人集まれば

チームであり、

そのチームで自分のイメージした

目標達成や行動をする為には

必ずリーダーシップが必要である。

むしろ、自分という人間を

誰かに認めて貰う為には

必ずリーダーシップを発揮する事は

必要だと思うし

社会という組織にいる以上、

その中でどう戦っていくか?

どういうチームを作るか?
どういう結果を出すか?

絶対に必要だと思っている。

そして、何故現役の

プロキックボクサーであり、

現在キックボクシングトレーナーとしての

仕事などをしている自分が

人材育成家になる勉強をしているか?

と、いうと

自分自身にリーダーシップを持った考え方を

持つ事、そして様々なワークを

行なう事で、自分自身の内面と

向き合い、人間的に成長し様々な局面で

自分のベストパフォーマンスを出す為の

練習、つまりは競技力を

向上させて行く事も

現役の間は目的の一つではある。

一番の目的は今の自分の一番のテーマである

セカンドキャリア問題だ。

我々アスリートは

現役の間にリーダーシップを発揮する事や

チームで勝利に向かう事、

チームビルディングなどに関わっている

事などがとても多いと思っている。

そして、我々アスリートは

競技中は後輩などに指導する事なども多く

人の成長に貢献している事あり、

実は人材育成家に向いているのではないか?

と、思っている。

自分のキャリアや経験、

そして自分自身がそのまま仕事になる事が

出来れば

アスリートのセカンドキャリアの

問題の1つの解決の

糸口になるのではないか?

と、思っている。

自分は常に我々アスリートの

1つの物に純粋に向かうエネルギーの

強さ、そしてそのプロセスは

多くの人の刺激になる物と思っていて、

その人の通って来たプロセス、

その人の経験 自体が武器となるのが

人を育てる事だと思っている。

自分がやるべき事は

自分がその道に入り

それを伝える事、

その、背中を見せていく事だと思う。

まずは何事も、経験、そして行動。

キックボクシングを身近に感じませんか?
公式LINE@配信中!

毎日のトレーニングや試合情報について配信しています。今なら直接指導が受けられる「竹橋朝キックネス」の半額クーポンをプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です